中古車オークション注意点

中古車オークションの注意点について

最近ではインターネットでの車の購入も簡単になってメールアドレスの登録さえ済ませれば誰でも利用することが可能になりました。
またオークションを使えば比較的安い値段で車を取得することができます。そのため誰でも考えることですが現実にお店で購入するよりもオークションで購入しようと思う方がいらっしゃることと思いますが、中古の車というのは新車を購入することとわけが違いますので注意が必要です。

まず中古車というのはどうしても騙される可能性がゼロではないということができます。中古車はすでにほかの方が利用しているためどうしても使用感があります。
しかし時にはそれだけではなく見た目にはそんなに走っていないように見えても実はメーターを捜査していたり、傷の部分に色を塗っているだけということもあります。車を購入するのが初めてという場合や購入したことがないという方の場合にはどういうところを見ればいいのかということがよくわからないことが普通ですので、お店の中にはそういった無知に乗じて中古車を高く売ろうとしてくるところがあります。
それを防ぐためには自分が中古車についての知識をつけるとともに、中古車販売店を探すときに、外観から清潔感があったり、店員さんの知識が豊富で誠実さが感じられるかどうかということについて調べたうえで購入するかどうかを決めていくべきです。

しかしネットオークションで購入するとなるとまた話が違ってきますのでより一層の気を付けていくことが必要となってきます。

ネットオークションで中古車を販売している方の中には保証書や整備の記録について公開している人が甥ですのでこれを頼りにして購入を決めるべきです。しかし保証書に記載のあることが購入後数年しかしていない車で、車検も問題なく住んでいて、整備者の名前も問題なく記載されているときでも油断してはいけません。

 

非常にいけないことですがネットオークションにおいては虚偽の情報を公開することによって購入者をだまそうとしている場合が多いのです。特に整備の記録やメーターの数字、会社名といったことがしっかりと記載されていてもそれらの印字がすべて同じ書体であったり書き方であったりする場合には、偽造の可能性があります。業者では整備を行った時にパソコンで記入するのではなく、手書きで整備者の名前を記入しますから、印字ということはあり得ません。そのため手書きの文字の書き方が同じというときは詐欺の可能性が多いのです。

それでも中古車を安く買っていきたい場合には、中古車オークションの活用があげられます。ネットオークションとは違い、業者しか参加ができないオークションになります。業者しか参加できないので、金額も通常のものより安く、中古車ディーラーも参加しています。ここで仕入れたものが店頭に並ぶわけですが、こちらの商品を代わりに代行で競り落としてくれる、中古車オーク代行業者がいるのはご存知でしょうか?

 

もちろん手数料もかかりますが、かなりお買い得価格で購入できます。信用できる中古車オークション代行業者を見つけることができた場合、そちらに落札の依頼をするのも一つの方法でしょう。